赤ら顔化粧水(ローション)のかしこい選び方

赤ら顔で困っている方には、どれを選ぶかとても重要です。
化粧水を選ぶ時に、気を付けるべきポイントをまとめました。
 

赤ら顔を起こしている原因をしれば、自分に合う赤ら顔化粧水が選べる!

 

≫口コミからチョイスする赤ら顔専用ローション

 

赤ら顔の原因

赤ら顔で悩んでいても、原因を知っている方は少なかったりします。

元々は炎症が赤ら顔になってしまいます。

 

乾燥や外部からの刺激を受ける
 ↓
炎症が起こる
 ↓
毛細血管が広がる
 ↓
赤ら顔

 

敏感肌で赤ら顔になっている場合

赤ら顔化粧水

 

敏感肌だと、化粧水などに含まれている保存料・香料などの添加物が肌への刺激になっている場合もあります。

肌が刺激と感じると、そこからニキビなどの吹き出物に発展してしまう場合もあります。
敏感肌の方はなるべく天然素材に近く、敏感肌対応の化粧水を使うのがベストです。

植物由来だと良いかと思いがちですが、植物にアレルギー反応を持っている方は特に要注意です。
植物由来のものは刺激が強いものもありますので、注意してください。

どんな化粧水でもパッチテストを行ってから使うことが重要です。

皮膚が薄いことが原因の場合

赤ら顔ローション おすすめ

 

皮膚が薄く、赤ら顔が目立つ人がいます。

皮膚が薄いことで、皮膚下の毛細血管が透けて見えてしまうため皮膚が通常の厚さの人に比べて赤みが目立ってしまいます。

皮膚が薄いと言ことは、刺激にも弱く、肌も乾燥しやすいので、保湿力の高い化粧水を使い、肌を痛めない高保湿なものを選ぶのがベストです。

特にバリア機能を高めてくれるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの高保湿素材は皮膜を張ってくれるので必須です。
皮膚が薄い場合は、高保湿の成分配合のものを選ぶのが良いです。

 

ニキビ跡の赤みは抗菌効果をプラス

ニキビ跡 赤ら顔

 
ニキビなどの炎症が多い場合は、アクネ菌の繁殖が考えられるので抗菌効果のある成分をプラスしている化粧品がベストです。
さらに、収れん効果のある成分が入っているのがもっといいですね。

 

収れん作用のある成分

ハマメリスエキスハマメリスの葉、イノバラ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、コショウソウの新芽の抽出液、イタドリ根エキス、塩化Na(ナトリウム)皮膚のなどが収れん効果のある成分として使われていることが多いです。
収れん効果だけでなく、コンディションも整えてくれるので化粧水によく使われています。

ニキビに効果のある成分

  • 抗炎症作用があることから、皮膚科でも処方される「グリチルリチン酸」
  • アクネ菌の殺菌作用が期待できる「ピオニン」
  • ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑える「ビタミンC誘導体」
  • ニキビの再発を誘導してしまう古い角質を落とすピーリング効果を持つ「フルーツ酸」

 

≫赤ら顔+ニキビ顔に効果のある専用化粧水

 

 

乾燥肌にはしっとりタイプ

赤ら顔 ローション

乾燥から赤ら顔になってしまう場合は、しっとりタイプの高保湿化粧水がベストです。

皮膜を保護するために潤い成分や油分が多めに含まれているので、しっとりタイプの化粧水を使い続けることで、赤ら顔の軽減が期待できます。

 

≫赤ら顔専用の高保湿化粧水

コメント

タイトルとURLをコピーしました